Kanakoyaはつくり手から直送仕入れ

Kanakoyaはつくり手から直送仕入れ

ぽんぽこらんど古崎公一さん

岩澤農園岩澤安史さん

小林茂行さん

つくば谷口農園谷口能彦さん

道志村の農家さん

山茂丸さん

みやじ豚宮治勇輔さん

みかみファーム三上優作さん

宮村祐貴さん

※画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

感動を与えてくれたつくり手たちを応援したい。

「Kanakoya(カナコヤ)」の料理は、つくり手から直接送っていただく農作物を中心にお作りしています。ある時、美味しいものをよく知る後輩から農薬やワックスを使用せず、皮ごと食べてもおいしいレモンの話を聞き、早速サンプルをいただいて食べてみたところ、あまりの美味しさに衝撃を受けました。“レモンの皮って食べていいんだ!”という想いと同時に、レモンは農薬を使うものと考えていた私の概念が覆された瞬間でした。それをきっかけにつくり手と直接関わるようになり、数年が経った現在では全国各地の信頼できるつくり手から新鮮で美味しい農作物を送っていただいています。情熱をもって、こんなにも美味しいものを作ってくれているつくり手を応援したい!そして、その魅力をみなさんにもっと知っていただきたい!そんな想いから一部ではありますが、つくり手と農作物をご紹介いたします。

皮ごとケーキに!

完全無農薬!小さな島から安心安全の柑橘類を。

ぽんぽこらんど 古崎公一さん(愛媛県岩城島)

岩城島は瀬戸内海にある人口2,000人程の小さな島です。その地にある「ぽんぽこらんど」さんでは、レモンやライム、オレンジなど、年間約40種もの柑橘類を中心とした農作物を販売されています。まるまると大きく育った安心安全のレモンは皮まで丸ごと美味しいんです!レモンのピザやレモンケーキを作るときは皮ごと使用しています。もちろんレモンサワーやハイボールもより一層美味しくなりますよ。(笑)
その日に収穫した農作物を車に積んで日本各地のマルシェに出店されるなど、情熱と行動力が魅力的なつくり手です。

あまーい!

やっちゃんのトマト、めちゃくちゃうまい!

岩澤農園 岩澤安史さん(神奈川県三浦市)

岩澤さんは子どものころから農業の道を志して勉強され、つくり手になりました。農業に対する情熱から、若手の生産者のグループ「若耕人’S」を発足。常に新しい情報を交換しながら、実直に美味しい野菜を作られています。岩澤農園で作られる野菜は通称"やっちゃん野菜"と親しまれ、キャベツやジャガイモ、大根、長ネギ、そら豆、ちょっと珍しいコールラビなど、様々な野菜を栽培されていますが、中でも特に評判なのが「トマト」なんです!一度食べた方は「他とは全然違う!」と驚かれます。果物と称されるほどの甘味とトマトらしい旨味が凝縮され、そのままはもちろん、どんなお料理にしてもトマトの美味しさが感じられます。収穫時期は春と夏に1ヶ月ずつしかないので、やっちゃんのトマトを生で食べられたら超ラッキー!Kanakoyaでは、この時期のうちに大量に仕入れて、必死にトマトソースを作りこみます。(笑)

アスパラ味くらべ

店長の先輩と後輩もサラリーマンからつくり手に!

小林さん(福島県会津)谷口さん(茨城県つくば市)つくば谷口農園 谷口能彦さん

私が会社に勤めていたころの先輩の小林さんと後輩の谷口さんは野菜作りに魅せられて、つくり手に転身されました。福島県と茨城県、遠く離れた場所でそれぞれ農業をされていますが、偶然お二人ともアスパラを作っており、Kanakoyaで食べ比べセットとしてお出ししたところ、これが大人気に。。。(笑)
同じ野菜でも、作る場所、作る人が変われば味が変わる。現代の生活のなかではなかなか実感できない野菜の面白さを感じさせてくれます。小林さんは福島県喜多方市で他にももち麦やビーツを、谷口さんは茨城県つくば市でニンジンや落花生なども作られています。ちなみに人気のアスパラは春と夏に届きます!

今日も美味しい料理を作ってお待ちしております!

Kanakoyaフードメニュー

Facebook

神田商店